auひかり

auひかりとは?

auひかりとは、日本の大手電気通信事業者であるKDDI株式会社が運営する光ファイバー(FTTH)網を利用したインターネットサービスです。以前はKDDIの「光プラス」と東京電力の光ファイバー事業TEPCOひかりを合わせて「ひかりone」という名称でサービスが提供されていました。

 

その特徴は
? 下り最大100Mbpsまたは1Gbpsを誇る高速インターネットであること
? 加入電話相当の品質・信頼性・機能を備えたIP電話の提供があること
? 多チャンネル放送があること
? 約7000本から選ぶことができるオンデマンドの充実していること
上記全てを1本の光ファイバーで提供していることです。

 

JCOMよりもauひかりのインターネットが安定している
ケーブルテレビの大手である「JCOM」では、auひかりが光ファイバーを使うのに対し、主に同軸ケーブルを使用しています。「JCOMの同軸ケーブルvs auひかりの光ファイバーではどのような用途の違いがあるのか?」というと、同軸ケーブルは基本的に10BASE-2や10BASE-5といった10Mbpsの通信に使われるのに対し、光ファイバは100Mbps〜10Gbpsまでの超高速な通信に使われます。

 

また光ファイバは単に高速であるだけでなく、伝送距離は、同軸ケーブルが数10m〜100mが最大なのに対し、最大数km〜数十kmと大変長く設置することができます。そんな理由から同軸ケーブルの10BASE-2や10BASE-5といった規格は10数年以上前から徐々に使われなくなってきました。

 

それならなぜJCOMがいまだ同軸ケーブルを使用し続けているのかというと、JCOMのメインサービスはインターネットではなく有線放送=テレビだからです。しかしテレビのことを考えずにインターネットのことだけを考えれば、同軸ケーブルよりも「auひかり」の光ファイバを利用する方が高速で安定しているといえるのです。

 

auひかりの4つの魅力とは

 

? 速い
auひかりホームなら上りも下りも最大1Gbpsが利用可能です。ルータ(モデム)も高速無線LAN内蔵のギガホームゲイトウェイなので、ルータ(モデム)がせっかくの高速回線の速度を下げる心配もありません。

 

? お得

 

「auひかり」と「auスマートフォン」をセットで利用すると、スマートフォンの月額料金がお得になります。

 

? 安心

 

専門スタッフが自宅に来て接続設定をサービスしてくれます。インターネットの設置が苦手な方でも安心して加入できます。

 

? 便利

 

auスマートフォン・au携帯とインターネットの支払いがまとめられるので請求・請求書が一元化できます。

auひかりのエリア

auひかりの提供エリアを確認するにはまずこちらのページを開きます。
次に3つのヵ所について選択or該当内容を入力し、最後に「?エリアを確認する」をクリックします。

 

auひかりの提供エリアを確認するにはまずこちらのページを開きます。
次に3つのヵ所について選択or該当内容を入力し、最後に「?エリアを確認する」をクリックします。

1. 住居タイプ

戸建て or マンション/アパートなど

2. 郵便番号

自宅の郵便番号を入力します

※郵便番号が分からない方はこちらをクリックして下さい。

3. 電話番号

半角数字で入力します。

 

 

次の画面では、上記で入力した住所が正しいか確認します。正しければ次に何丁目かを選択します。正しくなかった場合は「戻る」をクリックして再度入力し直します。

 

次に番地を入力します。ここでは選択も可能ですが直接入力することもできます。※直接入力する場合枠の中にカーソルを合わせても「例)12」という文字が消えませんが、気にせず上書きして入力します。そして該当の数字をクリックするかor絞り込むをクリックします。

 

次に号を選択もしくは直接入力します。番地と同じように該当の数字をクリックするかor絞り込むをクリックします。

 

住所の入力が終わると「ユーザの自宅で利用できるサービス」が表示されます。

このままWebで申し込むなら

(ここで料金シュミレーションもします)

このままWebで申し込む ?

をクリックします。

電話で説明を受けながら申し込むなら

こちらをクリックして下さい。

 

auひかりの料金プラン

auひかりの料金プラン(月額料金)にはプロバイダ料が含まれているので、他社のようにいちいち「プロバイダ料金を足すといくらになるのか?」なんて面倒な計算は必要ありません。
(※プロバイダとはauひかりのインターネット回線をユーザに提供したりサポートする事業者のことをいいます。)

 

auひかりで選べるプロバイダは大きく分けて2通りあります。

 

1. auのプロバイダ「au one net」

 

「au one net」はKDDIが運営するインターネットサービスプロバイダです。光ファイバー、モバイル接続、「フレッツ・ADSL」対応コース、ダイヤルアップ接続など対応しているサービスは多種に渡ります。

 

auひかりのプロバイダを「au one net」にすると「WALLETポイント」が貯まります。鬼ちゃん浦ちゃんのCMで人気に火がついたauのこのau WALLETは現在大変人気で、なんとすでにauユーザの2人に1人が持っているんです。au WALLETは入会金や年会費が無料な上に審査もありませんのでauひかりに加入するなら使わないと損といえます。

 

貯まったWALLETポイントはauの通信料や各種買い物に使うことができます。例えば全国のコンビニやスーパー、インターネットでの買い物なら200円で1ポイントが貯まります。ポイントアップ店のセブンイレブンなら200円で2ポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイントが1円として、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクス・ミニストップ・Amazon・iTunes Store
などで利用可能です。

 

※au WALLETについて詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

 

? 「au one net」のキャンペーン情報

 

申込期間:2017年1月19日(木)〜2017年5月31日(水)

 

上記の期間中に、1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)のユーザ限定で「auひかり はじめるキャンペーン」が開催中です。auひかり ホームのネットサービス「ずっとギガ得プラン(au one net)の月額料が、開通月から24ヵ月目まで最大2年間、3980円/月になります。この料金にはプロバイダ料・機器レンタル料金が含まれています。※ただし無線LANは別途料金が掛かります。)

 

 

ずっとギガ得プランの通常料金なら

auひかり月額料金(1年目)

5100/

auひかり月額料金(2年目)

5000/

 

 

下記のようになります

 

ずっとギガ得プラン(auひかり はじめるキャンペーン適応料金)なら

auひかり月額料金(1年目)

3980/

auひかり月額料金(2年目)

3980/

 

 

※3年目以降は4900円/月となります。

 

さらにauひかり×au one netに「電話」を新規加入すると、10000円のキャッシュバックがもらえます。

 

2. auのプロバイダ「au one net」以外のプロバイダは次の通りです。

 

@nifty・@TCOM・Asahi Net・BIGLOBE・DTI・SO-net

auひかりの評判

これまでお客様満足度の1位を独占していたのは天下のNTTでした。しかしauひかりは人気CMなどを通して徐々に上位を上り詰め、ついには王者NTTを抜きさってお客様満足度の1位の座につきました。固定回線の中では「一番安くて速くて安心な回線」と言われています。

 

このようにいいことばかりの評判が並ぶauひかりですが、本当にそれだけが真実なのでしょうか?実は次の問題に対する不評も徐々に集まってきています。

 

? 3年間の自動更新が長い

 

今時「自動更新」はほとんどの通信会社で行われていることですが、auひかりの自動更新は「2年」ではなく「3年」です。更新月以外で解約すると解約金はなんと15000円も支払わなければなりません。毎月の料金は安いので長く使いたい人には問題ありませんが解約しそうな方は要注意です。(※マンションタイプに解約金は発生しません)

 

? IPアドレスが固定

 

auひかりではユーザは「固定アドレス」を使用することになります。IPアドレスが固定されることのデメリットは、アドレスが固定されることで特定されたり狙われやすくなってしまうことです。しかし固定アドレスでないと利用できないサービスもたくさんあることから、フレッツ光などではわざわざ料金を追加して使用している方もいます。固定アドレスを使うことに対し過度に神経質になる必要はありませんが「自分は固定IP」だということを知っている方が安全です。

 

またNURO光という高速インターネット回線もとてもおすすめです。関東だけですが。。

 

NURO光の評判は以下のサイトから見れます。

 

NURO光って実際どう?

auひかり開通までの流れ

auひかりホームは申し込んでからインターネットが開通するまで、戸建てタイプなら約1ヵ月~2ヵ月・マンションタイプなら約2週間程掛かる見込みです。戸建てが開通までに2ヵ月間掛かる見込みというのはかなり長い期間となっていますので、引っ越しなどによりauひかりに申し込まれる方はできるだけ早く申し込むようにしてみて下さい。

 

? 【STEP1】auひかりに申し込む
auひかりへの申し込み方法は3種類、電話・auショップ・インターネットからが可能です。

 

 

電話から申し込む場合

電話で申し込む場合は

KDDIブロードバンドキャンペーンセンターへ連絡します。

一般電話:0120-92-5000(通話料は無料)

受付時間:9:00~21:00(土日祝日も受付可能)

※但し12/319:00~18:00

1/1及び1/2はお休みです。

auショップで申し込む場合

お近くのauショップを検索してみて下さい。

auショップ検索サイトはこちらです。

インターネットから申し込む場合

インターネットから申し込む場合は事前にお住まいの場所で

auひかりが使えるかどうか「エリア内かどうか」を調べます。

確認後、月々の利用料金のシュミレーションが可能となります。

提供エリアの確認はこちらです。

 

 

? 【STEP2】工事について
回線を引く工事が実施されます。工事日までにユーザ宅へ機器が届けられます。

 

? 【STEP3】工事日への立ち会い・宅内機器とパソコンの接続設定
工事日に工事担当者がユーザの宅内へ来てくれます。工事が終わった後は、宅内機器とパソコンの接続設定をユーザ自身が行います。もし宅内機器とパソコンの接続設定に不安がある場合は、有料で専門スタッフにお願いできるプラン「かけつけ設定サポート」も選択できます。

 

かけつけ設定サポートの基本メニュー
基本メニューでは、パソコン1台またはその他KDDIが指定する機器1台でインターネットが利用できるよう設定してくれます。かけつけ設定サポートには2種類あり@メール設定なども含まれている「基本設定(有線)」もしくはA無線LANの設定もしてもらう「基本設定(宅内LAN機器パック)」から選ぶことができます。

 

@基本設定(有線)

auひかりに申し込むユーザなら初回は2000円とお得です。

(※2回目以降・フレッツ光のコースなら6800円)

A無線LANの設定も含む

「基本設定(宅内LAN機器パック)」

auひかりに申し込むユーザなら初回は4700円とお得です。

(※2回目以降・フレッツ光のコースなら9500円)

 

 

それでもまた不安な場合は!
au one netの「安心トータルサポート」に申し込むと月額500円でインターネットで困っていることを何度でも電話で相談することができます。例えばソフトの使い方、プリンタの設定、なんと365日深夜でも対応してもらえます。

 

? 【STEP4】ご利用開始