au光解約

auひかりを解約するにはコツがいる!知っておくと失敗しない手続き方法と注意点とは!

今すぐに解約すると一体どれくらいのお金が必要になるのか、必要な項目は次の通りです。

 

1. 最後の月に掛かったインターネット代
2. 違約金
3. 工事費の残債

 

最後の月に掛かったインターネット代
まず「毎月のインターネット代」についてですが、auひかりを解約した場合、インターネット料金は解約した日から日割り計算で請求されます。但しオプションに関してはほとんどが日割りにならずに全額掛かります。

 

違約金
次は「違約金」についてです。auひかりは基本「3年自動更新」なので、その途中で解約してしまうと契約解除金として15000円が請求されます。(2年間の自動更新を契約している方は9500円の違約金が掛かります。)

 

他社であるフレッツ光の場合はプロバイダ側からも違約金が発生するケースがありますが、auひかりならプロバイダの違約金は発生しないので安心して下さい。

 

上記に記載した15000円の違約金は「戸建てタイプ」のみ必要です。「マンションタイプ」の契約解除金はありません。

 

工事費の残債
申し込んだ時に説明をすっとばされていて後で「聞いてない」と一番困るのが「初期費用」です。通常auひかりに加入したユーザは工事費を含めた初期費用を月々1250円を30回払いに分けて請求されています。

 

電話もしくはインターネットから契約した場合は、同額が割引されているので、実際は負担することがありません。しかし「割引されている」ということを頭から分かっていない場合は「解約」する時に「初期工事費なんて聞いてない」という事態が起きてしまうのです。

 

一戸建てなら30ヵ月・マンションなら24ヵ月以内に解約する場合は、今まで適応されていた初期費用の割引がなくなってしまうので、残りの初期費用は清算しなくてはなりません。

auひかりの解約方法

auひかりを解約する時は「プロバイダ」に連絡し「解約したい」旨を伝えます。各プロバイダによって連絡先が異なりますので、下記より該当するプロバイダを見つけて下さい。

 

au one net のユーザの場合

 

auひかり各コースを利用中のユーザが解約したい場合は以下の電話番号に連絡する、もしくはインターネットでの手続きが可能です。

 

1. 【電話で解約する場合】

 

KDDIお客さまセンター

フリーコール:0077777(無料)

受付時間:9002000

(土・日・祝日も受付)

 

2. 【インターネットで解約する場合】
申し込みはこちらをクリックし「au ID」でログインします。

 

au one net 以外のプロバイダを利用しているユーザの場合

 

解約するにはまず各プロバイダに電話します。

 

プロバイダ

電話番号

受付時間

@nifty

0120-32-2210(無料)

03-5860-7600(有料)

年中無休:09:0021:00

BIGLOBE

0120-56-0962(無料)

平日:09:0021:00

土休:10:0018:00

so-net

0120-80-7761(無料)

03-3513-6200(有料)

平日:12:0021:00

土休:12:0019:00

ASAHIネット

0570-01-3500

03-3569-3500(有料)

平日のみ:10:0017:00

DTI

0120-830-501(無料)

03-5749-8091(有料)

年中無休:10:0019:00

@TCOM

0120-805-633(無料)

年中無休:09:0020:00

 

 

 

auひかりを解約する際の注意点

? すぐにインターネットが止まってしまう

 

au光のプロバイダ側の解約処理は割と早く処理が進むので、解約を申し込んでからすぐにインターネットが使えなくなってしまう可能性があります。引っ越しされる方は退去日までに解約すること、インターネット回線を他社に乗り換えるなら新しいインターネットが開通してから解約しても遅くはありません。

 

? 電話番号が消滅してしまうかも

 

インターネットと同時に電話のオプションを利用している場合、auひかりをそのまま解約すると電話番号が消滅してしまいます。ただし、もともとNTTの固定番号を使っていた方が、auひかりに移した電話番号であれば解約前にNTTに事前連絡しておくことで、番号をそのまま継続利用・もとに戻すことができます。この時手数料として数千円掛かるそうです。

 

? プロバイダのメールアドレスが消滅してしまう

 

auひかりを解約するとそれまで使用することができたプロバイダのメールアドレスが利用できなくなってしまいます。メールアドレスがなくなると困ってしまう方は、メールアドレスを残したい旨をプロバイダに伝えれば、無料もしくは安いダイヤルアップのプランに変更が可能です。

 

使っているメールアドレスにgmail.comやyahoo.co.jpやhotmail.comがついていれば影響はありませんのでそのまま解約で大丈夫です。

auひかり解約の際の機器返却について

解約の連絡を行った後は今まで使っていたauひかりのONUやモデム・無線LAN・セットトップボックス等のレンタル品を返却しなければなりません。機器の返却パターンは2種類あるのでご紹介します。

 

1. 回線撤去なしの場合(こちらを選ぶ方が多い)

 

KDDIから「レンタル機器の返却のお願い」が郵送で送られてくるので、同封されている「着払いゆうパック伝票」に機器を全て入れて送り返します。

 

2. 回線撤去ありの場合

 

賃貸アパートを借りていて、管理会社から原状復帰して欲しいといわれてしまった場合は、回線撤去することになります。レンタル機器は回線撤去の際に工事業者が回収してくれるので、立ち会うだけでokです。一見レンタル機器を返送する手間は省けるのですが、問題は回線撤去に10000円が掛かかってしまうこと。管理会社から何もいわれていないのであれば、回線撤去なしを選ぶことをおすすめします。

 

※※現在auでは、まだサービスが利用中であるにも関わらず突然レンタル機器が返却されるという問題が多発しています。「すぐに解約するからもういい」とか「もうauひかりを利用しないから必要ないので」などど勝手に判断し、突然レンタル機器をauに送り付けないようご注意下さい。

 

レンタル機器が不要になった場合・またはサービスが不要になった際は、まずは上記のKDDIお客さまセンターに連絡し、解約の手続きを開始するようにご注意下さい。

解約金なしでauひかりを解約するには?

auひかりには契約期間のないコースも用意されています。しかし契約期間のないコースを選ぶと月額は約1000円程高くなり、後に違約金が発生したとしてもその方がお得になる計算になってしまいます。だからといって、解約する時に10000円〜15000円を請求されるのも気持ち良くありません。

 

事実、更新月以外で解約するとどうしても違約金が発生します。しかし別の方法でauひかりの解約金をなんとか減らす方法をご紹介します。

更新月に解約する

「私の場合はいつが更新月なのか?」そのタイミングを忘れてしまった方は、プロバイダに連絡すると教えてくれます。自分で計算すると間違ってしまうこともありますので、電話して確認することをおすすめします。

 

ベストな状態は更新月で解約することですが、その3ヵ月前に解約できる状況でありながらも、3か月間無理に使い続けて、3ヵ月分の月額料金を支払うことになっては、結局解約金以上にお金を支払うことになってしまいます。自分に合ったタイミングを選択すること・更新月を見逃さないことがポイントです。

 

2. 引っ越し先でもauひかりが使えないか?

 

引越し先でもauひかりを利用できれば「移転手続き」対象となる為、解約金・初期工事費用は不要です。ただしプロバイダが継続できない場合は大変残念なのですが「解約」対象となってしまいます。解約金が掛かってしまいますのでご注意下さい。
※auひかりを引っ越し先でも利用したい方はこちらをご参考下さい。

 

3. キャッシュバックのある他社に乗り換える

 

auひかりを解約する時に支払った解約金分を、他社の回線に申し込むことでもらえる「キャッシュバック」で補てんするという方法です。例えばスマートフォンはドコモを使っているという方なら、インターネット×スマホのセット割りが適応できるので、キャッシュバックのみならず月額料金もお得になるかもしれません。

 

その他にも現状を改善してもっといい環境にできる他社のインターネット業者が見つかるかもしれませんので解約金を手放す前に是非一度探してみて下さい。

auひかりは解約時に工事は必要?

auひかりを契約した時に引き込んだauひかりのケーブルや光コンセントは工事して撤去することが可能です。しかし撤去費用は10000円と高額なので「そのまま残す」のも一つの方法です。見た目が気にならなければそのままにしておいても何の問題もありません。「そのまま残す」方法を選ぶ方はたくさんいらっしゃいます。

 

auひかりのケーブル・光コンセントの撤去費用

10000

 

 

auひかりを解約する前に

? もしも料金が高くて困っているのならば
au one netよりも安く利用できるプランへの変更が可能です。もしも「メール以外がほとんど利用していない」という場合は→「ミニミニコース」へのコース変更がお得です。

 

ミニミニコース
インターネットの接続料は、最初の1時間が250円、その後1時間を超えると 1分間で5円が課金される仕組みとなっています。安価を希望する方に人気の「定額+従量制」式で、ダイヤルアップ接続コースが採用されています。

 

ミニミニコースのポイントは、いくら使っても「月額インターネット接続料の上限」は3000円だということです。計算を間違えたり、間違ってたくさん接続してしまった場合でも3000円を超えることはありません。海外や「住居以外の国内」への出張が多い方で、特に数ヵ月以上自宅を離れる方にはオススメのプランです。

 

? 速度が遅くてイライラしているのなら

 

今使っているインターネット環境では「速度が遅い」「検索する度にいつも待たされるのでストレスが溜まる一方」という方は「光ファイバー」へアップグレードすることができます。割安な定額料金で最大 1Gbps(1000Mbps)の高速インターネットが利用できるので、今100Mbpsをご利用中の方は、最大10倍の高速インターネットにアップグレードすることが可能です。